花巻北高等学校

花巻北高等学校

最近の記事

入学式が行われました

令和6年4月9日(火)、本校体育館において、令和6年度入学式が行われました。

    • 校長着任式並びに新任式が行われました

      令和6年4月8日(月)、本校体育館において、令和6年度校長着任式並びに新任式が行われました。 本日新任式に出席された今年度新しく本校に着任された皆様です。お名前は以下のとおりです。 石塚千登勢先生、立花裕子先生、佐藤裕子先生、川村昌広生、浅沼潔先生、三浦美希先生、岩舘琢磨先生、多田容子事務長 その他、玉山紅葵主事、教員業務等支援職員君成田明希さん、工藤靖学校技術員さん、山口由実学校技術員さんも着任しました。 よろしくお願いいたします。

      • 令和6年度始業式、ASMSA派遣報告会が行われました

        令和6年4月8日(月)、本校体育館において、令和6年度始業式が行われました。 佐々木信明新校長先生から新2、3年生に向けて講話をいただきました。 「チャレンジ精神を持ち続けてください」 「一隅を照らす、これ国宝なり」 さあ、新しい年度の始まりです。それぞれの進路実現のために、みんなで頑張りましょう !! その後、3月上旬に実施されたASMSA派遣報告会が行われました。

        • 3月21日(賞状伝達式 終業式 ダルマの目入れ式 離任式 校長退任式)

          賞状伝達式 令和6年3月21日(木)、本校体育館において、賞状伝達式と皆勤賞表彰式が行われました。 代表で賞状を伝達されたのは、全国高校ハンドボール選抜大会岩手県予選で準優勝、東北高校ハンドボール選抜大会で第4位に入賞した男子ハンドボール部、岩手県アンサンブルコンテストで木管八重奏で金賞、打楽器三重奏で金賞、木管三重奏で金賞を受賞した吹奏楽部、そしてJICA国際協力 中学生・高校生エッセイコンテスト2023で国際協力特別賞「きっかけ」を受賞した福代理菜さん(1年D組)で

        入学式が行われました

          須川和紀校長先生 最終講義

           本年3月末をもって御退職される須川和紀校長先生の最終講義が2月27日(火)に2年A組で行われました。世界情勢に関しての問答から始まり、自分のアイデンティティをしっかり持つこと、自分が世の中にどのように貢献できるかを考えること等、花高第36代校長からの熱いメッセージが伝えられました。

          須川和紀校長先生 最終講義

          卒業証書授与式が挙行されました

           令和6年3月1日、本校において令和5年度卒業証書授与式が挙行されました。  高校三年間の課程を修了した卒業生の一人一人が、須川和紀校長より壇上にて卒業証書を受領しました。  ご来賓として猫塚修一PTA・教育振興会会長、佐藤良介桜雲同窓会会長、奥山俊至PTA・教育振興会理事、阪本泰光学校運営協議会会長、柏木廣喜花巻市校長会中学校部会長(花巻中学校長)のご臨席を賜りました。誠にありがとうございます。  ご多忙のところご臨席を賜りましたご来賓の皆様、そして保護者の皆様に心より

          卒業証書授与式が挙行されました

          2月29日(退団式 表彰式 同窓会入会式)

          三年間皆勤賞表彰並びに部活動奨励賞表彰  三年間皆勤賞表彰並びに3学年生徒の部活動奨励賞表彰が行われました。      三年間皆勤賞の生徒を代表して伊藤渚咲さんが表彰状を受領しました。  三年間皆勤者は43名でした。  部活動奨励賞表彰の生徒を代表して三浦鉄生君が表彰状を受領しました。 同窓会入会式 卒業式予行の後、同窓会入会式が行われました。 今年度は第88期生232名を新たな桜雲同窓生として迎え入れました。 桜雲同窓生の総数は21,780名となります。 第88期生

          2月29日(退団式 表彰式 同窓会入会式)

          ハクゼミ H×ACT SEMINAR

          1 目 標  来年度7月に開催される研究発表会に向けて、現段階の進捗状況を共有し、有益なアドバイスを得ることで、それぞれの探究活動を発展させる。 2 日 時  2月22日(木) 14:05~15:55  3 対 象  1・2年生全チーム・全個人 4 行 程  (1)1部屋に2会場を作る。 (2)担当教員司会のもと、発表順を決め、チーム・個人が進捗状況を発表する。 (3)質疑応答を行った後、担当教員が助言をする。 (4)ハクトイット(H×ACT-it)用紙を発表チームに渡し、建

          ハクゼミ H×ACT SEMINAR

          H×ACT活動 クラウドファンディング開始

           花巻の観光地を周遊してもらえるようスタンプラリーを実施します。また、デジタルで行 うことで得たデータを活用 し、花巻の未来につながる新案に繋げます。探究活動の一環として、高校生が挑戦します。支援よろしくお願いします。 実施期間 2月1日~29日 目標金額 600,000円 リターン 花巻の特産品、温泉ギフト券など 詳しくは下記サイトをご覧下さい 【高校生の挑戦】温泉以外にも訪れて!!花巻観光周遊スタンプラリーを開催したい - CAMPFIRE (キャンプファイヤー

          H×ACT活動 クラウドファンディング開始

          2023 学びの祭典 In Winter ~活動の様子(1年生)~

          ①スペースプログラム 4人一組になって人工衛星のシミュレーションをしました。失敗しながらも「信号を発信する」「受信する」「衛星を動かす」ためにどうすればいい工夫しました! ②ボールロボットプログラミング 岩手県立大学の富澤先生に2年連続でご指導いただき、プログラミングに挑戦しました!与えられた条件を満たしながら、プログラミングによってボールロボットに演技をさせました!!コンテストの優勝チームのロボットによる演技には大きな歓声があがりました! ③球面幾何の探求 / 競

          2023 学びの祭典 In Winter ~活動の様子(1年生)~

          2023 学びの祭典 <冬> ~活動の様子(2年生)~

          日時 令和5年12月22日(金)~12月28日(木) ① 共通テーマ「未来への展開」による教科別講座 「未来へ~比較三原則を考える~(国語)」「岩手・日本の未来を考える(地歴公民)」「~進化~(生物選択)」「~ゼロから100~(物理選択)」「身の周りのことから未来に向けて、推測してみよう(数学)」「My 3 Dreams(英語)」「未来へのシミュレーション(情報)」の7つの講座が行われました。 実験、ペアワーク、グループワーク、調べ学習、発表などに主体的に取り組みました。

          2023 学びの祭典 <冬> ~活動の様子(2年生)~

          MY PROJECT AWARDマイプロジェクトアワード2023 岩手県Summit参加報告

          1 期日     2024年1月21日(日) 2 場所     岩手県立大学 3  参加チーム  ① チーム:くっく テーマ:花巻の農業をサステナブルに! ➁ チーム:Match  テーマ:教育によって子どもの貧困をなくそう! ③ チーム:猫に手を貸し隊 テーマ:猫ちゃん救出大作戦 4 内容    マイプロジェクトアワードは、「総合的な探究の時間」内の探究活動内容を発表するもっとも規模の大きい大会のうちの1つになります。本岩手県Summitを経て、動画審査を通過した

          MY PROJECT AWARDマイプロジェクトアワード2023 岩手県Summit参加報告

          生徒会募金活動 ~生徒会執行部の呼びかけで募金活動を実施しました~

          〇令和5年度赤い羽根共同募金 昨年末に募金活動に取り組み、花巻市社会福祉協議会様へお渡ししました。 〇令和6年能登半島地震災害義援金 1月11日~16日まで募金活動を行い、石川県へ寄付しました。

          生徒会募金活動 ~生徒会執行部の呼びかけで募金活動を実施しました~

          千葉剛文芸振興基金奨励賞 授与式

           本校卒業生である元東京農業大学教授千葉剛氏により、本校文芸部の振興と奨励を目的に設立された基金より、年間を通して著しい成果を収めた本校文芸部生徒の功績を顕彰し奨励賞が授与されました。  全国高等学校文芸コンクール【文芸部誌部門】で3年連続入賞、伊藤さん【小説部門】で優良賞、佐藤さん【短歌部門】で優良賞をはじめ、多くのコンクールや大会で優れた作品を発表しました。

          千葉剛文芸振興基金奨励賞 授与式

          English Camp

          12月9日(土)~12月10日(日)に英語部中心にEnglish Campを実施しました。

          花高スペースプロジェクト宇宙科学技術連合講演会発表

          講演名 宇宙科学技術連合講演会 日時  令和5年10月18日 場所  富山県富山市 富山国際会議場  富山県富山市で開催された第 67 回宇宙科学技術連合講演会 にて、花高スペースプロジェクトのこれまでの取り組みを、2名の生徒が発表してきました。これは、日本航空宇宙学会が主催し 67 回目を迎える歴史あるもので、国内の宇宙に関する研究・開発を行っている大学、研究機関、企業などの方々が年に一度集まって、研究成果を発表する非常に大規模な催しものです。長い歴史の中で、今回、初めて

          花高スペースプロジェクト宇宙科学技術連合講演会発表